本文へスキップ

アミューズ・クインテットは木管五重奏によるプロフェッショナル集団です。

2014年5月号(4月10日発売)から1年間、ファゴット井上俊次がバンドジャーナルの ワンポイントレッスンを担当することになりました。
初心者の方だけでなく 中級、上級レベルの方々にもファゴットを楽しみながら練習するきっかけになって欲しいと思います。 補足が必要な時にはこのホームページで追加しながら進めていきたいと思います。
まずはバンドジャーナルをお買い求め下さい!


エチュード入門

まずエチュードの例を使って具体的な演奏の注意点や練習ポイントを見ていきましょう。
まず第1曲目見てみます。C−dur(ハ長調)4分の2拍子ですね。 = 60くらいのテンポで 始めてみましょう。
@のをしっかりと 一拍分延ばしましょう。無意識で短くならないように気をつけてみましょう。
Aのところでは次の小節との間にスラーが切れているのでタンギングをしますが、タンギングはできるだけ 存在感を少なく、スラーのように息をつなげるイメージで演奏するとより素敵に聞こえます。
BもAと同じくスラーをタンギングでブツッときり過ぎないように気をつけます。
Cは@と似ていますが、次の小節のアウフタクトが入っています。はしっかりと、アウフタクトは軽めに演奏するとより落ち着いた演奏になります。

2曲目に行きましょう。a-moll(イ短調)8分の6拍子ですね。少し短調特有の悲しい音のイメージで 吹いてみましょう。音はできるだけ長めに処理し、タンギングでブツブツ切れないようにします。
@ではラドファと上行する形でわずかにクレッシェンドをすると曲の雰囲気にマッチします。
Aでは4分音符と8分休符ですね。4分音符は音価いっぱいに伸ばし、8分休符ではちゃんと休みましょう。
Bここはサビにあたる部分なので、息を入れてしっかり少し強めのイメージで吹いてください。
Cここでの下降形で息を少し落として行きましょう。ディミヌエンドのイメージで曲の終わりを静かに迎えます。

3曲目を見ていきましょう。この曲は3連譜を中心とした課題です。
まず調性はC-dur(ハ長調)4分の3拍子ですね。元気なイメージで吹きましょう。
@は曲のアウフタクトですね。この3連符は次の小節の頭にあるF(ファ)の音へ向かって行きましょう。
アウフタクトは常に次の小節の頭へ気持ちが向かうように吹くと聴き心地良くなります。
Aこの も短くならないように気をつけます。
Bの上行形は少しクレッシェンドして次の小節の頭が頂点です。 Cでは冒頭と同じ形がきていますが、少し落ち着いた音量で演奏します。
D高いドは少しテンションを上げて吹き、そこから下降形で音を収めて終わりのドは静かに演奏します。

上記のような事に気をつけながら遅めのテンポでしっかりと慌てずに丁寧に演奏することを心がけてください。
ただ練習しても丁寧に練習を積み重ねることは難しいと思いますので、仕上がったらご両親や兄弟に聴いてもらうとか録音するなどの目標を作るとより真剣にエチュードに取り組めると思います。
頑張って1曲ずつ仕上げていって下さい。がんばれ!


ファゴット入りのアンサンブル形態は以下の通りです。
リードトリオ(Ob,Cl,Fg)
木管四重奏(Fl,Cl,Hr,Fg)または(Fl,Ob,Cl,Fg)
木管五重奏(Fl,Ob,Cl,Hr,Fg)
管楽六重奏(2Ob,2Hr,2Fg)
管楽八重奏(2Ob,2Cl,2Hr,2Fg)
ファゴットアンサンブル(2Fg)(3Fg)(4Fg)(4Fg,Kfg)など

他にも色々な編成でのアンサンブルの譜面が出版されています。変則的な編成も沢山ありますので その曲に応じた形で演奏することが可能です。
実際に演奏する際のアドヴァイスは
アミューズ・クインテットの木管五重奏入門のページをご覧下さい。

shop infoサイト運営者情報

アミューズ・クインテット

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸4-270-B-903
代表・井上俊次