本文へスキップ

アミューズ・クインテットは木管五重奏によるプロフェッショナル集団です。

2014年5月号(4月10日発売)から1年間、ファゴット井上俊次がバンドジャーナルの ワンポイントレッスンを担当することになりました。
初心者の方だけでなく 中級、上級レベルの方々にもファゴットを楽しみながら練習するきっかけになって欲しいと思います。 補足が必要な時にはこのホームページで追加しながら進めていきたいと思います。
まずはバンドジャーナルをお買い求め下さい!


テノール記号が読めるようになるための練習譜です。
この譜面を楽器で吹くとすぐに音を覚えてしまい、読み方の練習にならなくなるので、音程をつけずに口で音名を言うだけの方が良いでしょう。
その際に、ドミソの位置を五線の景色の中で覚える事が大切です。
早く景色としてテノール記号を読めるようになると良いですね。

印刷する場合にはPDFファイルでダウンロードします。
をクリックしてください。
注意ブラウザーで1ページが画面に収まるように縮小表示されていると、小さく印刷されてしまうので、画面からはみ出すような100%表示で表示してから印刷を開始して下さい。


個人練習の段階から意識して欲しい項目は
●fやp、クレッシェンドやディミヌエンドなどの強弱
●アクセントやフォルテピアノなどの音楽表現
●アチェレランドやリタルダンドなどのテンポの変化
これらの表現を個人練習の時点で良く表現しておくと、人前で演奏する時にうまく表現できるようになって行きます。

一方で個人練習の段階で本番と同じようにやるべきでないのが
指の難しいパッセージの練習です。
指の難しいパッセージは速いテンポで練習するほど崩れていきます。個人練習の段階では極力インテンポで練習は避けるようにしましょう。難しいパッセージほどゆっくり練習の比重を多くして行くと、合奏の時や本番でうまく吹ける確率が高くなっていきます。アンサンブルやオ−ケストラ、吹奏楽のパート譜で指が難しい箇所の克服するには、ゆっくりから徐々にテンポを上げていく形がベストな方法です。
そのアシストをするのが、下記の記録用紙です。これは7月号のホームページにも掲載しましたが、日を分けて徐々にテンポを上げていくために、メトロノームを使いながらこの練習帳に記録して行きます。そうする事で確実にそのパッセージが克服できるようになります。

練習帳A
最初は1つのパッセージを8日間で仕上げる練習帳です。
印刷する場合にはをクリックしてください。その際にご注意です。縮小表示にしていると用紙に小さく印刷されてしまうので、画面からはみ出る100%表示にした状態で印刷をスタートしてください。

練習帳B
次は1つのパッセージを13日間で仕上げる本格練習帳です。 印刷する場合にはをクリックしてください。その際にご注意です。縮小表示にしていると用紙に小さく印刷されてしまうので、画面からはみ出る100%表示にした状態で印刷をスタートしてください。

練習帳C
次はは1つのパッセージを13日間で仕上げる本格練習帳です。 印刷する場合にはをクリックしてください。その際にご注意です。縮小表示にしていると用紙に小さく印刷されてしまうので、画面からはみ出る100%表示にした状態で印刷をスタートしてください。

shop infoサイト運営者情報

アミューズ・クインテット

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸4-270-B-903
代表・井上俊次