本文へスキップ

アミューズ・クインテットは木管五重奏によるプロフェッショナル集団です。

2014年5月号(4月10日発売)から1年間、ファゴット井上俊次がバンドジャーナルの ワンポイントレッスンを担当することになりました。
初心者の方だけでなく 中級、上級レベルの方々にもファゴットを楽しみながら練習するきっかけになって欲しいと思います。 補足が必要な時にはこのホームページで追加しながら進めていきたいと思います。
まずはバンドジャーナルをお買い求め下さい!


動く音でも音程をキャッチしよう

音がきれいに並んでいる楽器はファゴットの場合ほとんどありません。 例えば僕の楽器の場合には以下の譜面のような音程の傾向があります。 それを体で調節して吹かないと音列がバラバラになってしまいます。
↓↑は音程がそのようになってしまう傾向です。↓は低くなってしまう傾向、↑は高くなってしまう傾向で、 矢印の長さはその傾向の強さを表しています。


このようになるので、吹く時にはこの矢印とは逆の方向へ意識して調整をしながら吹いています。
これができるようになったら、聴いていて「上手な演奏」「心地よい音」という印象を持って貰う事ができます。
是非皆さんもゲーム感覚で音を並べるような調整を体に覚えさせてみてはいかがでしょうか。
それをマスターできたら、あなたの演奏は印象として「心地よい、大人の演奏」へ変化を遂げている事と思います。
何も速いパッセージを吹く事だけが上手な演奏なのではなく、心地よい音程で美しく歌える演奏こそ人の心に直接響く感動を与えてくれるものです。是非皆さんも聴いている人の心に届く演奏のために頑張ってみて下さい。



ファゴットを100倍楽しむ方法

バッハを楽しむ

お勧めのバッハ:無伴奏チェロ組曲より譜面冒頭部分を一部掲載します。
バッハはファゴットと相性がとてもよく、この曲集のほとんどすべての曲がファゴットで演奏可能です。
第1番よりサラバンド
第1番よりメヌエット1
第1番よりメヌエット2
第2番よりサラバンド
第2番よりメヌエット1
第2番よりメヌエット2
第3番よりサラバンド
第3番よりブーレ1
第3番よりブーレ2

多重録音で楽しむ

多重録音の楽しさは、自分だけで自分のやりたいファゴットアンサンブルが作れてしまう事です。
多重録音とは簡単に言うと、一人でできる重ね録りです。
やり方は、まず1声部を録音します。次に同じ地点からスタートし、先ほど入れた1声部目を聴きながら2声部目を録音します。 そうやって1声部ずつ重ねて録音すると、理論上は無限に声部を重ねて録音できることになります。ついにはファゴットオ−ケストラも…。ありえます。
更に今のマルチトラックレコーダーはメトロノーム(クリック音)を聴きながらそれに合わせて演奏する事が出来るし、録音とは別にリズムパターンも既に500種類以上が組み込まれていて、その中から選ぶだけでパーカッションのリズム伴奏つきで曲を仕上げる事が可能です。 何の事か良くわからないという方も多いと思いますが、まずはこの録音を聴いて下さい。


この録音は私一人で録音したもので、使用した機械はZOOM社製のR−8というマルチトラックレコーダー1台 のみです。(写真参照)

難しい機械のように見えますが、単純に言えばこの機械はカセットテープレコーダーが8台分入っている物だと言えば分かりや すいと思います。
もちろん、再生ボタンやストップボタン、録音ボタンや早送り、巻き戻しボタンがあります。
基本的な操作はカセットやMDと同じですから、 それほど難しくなく操作できると思います。
録音では内臓マイクを使用していますので、特にマイクやコードなど買い足す物も必要なくすべての録音が これ1台で完結します。
最後にはリバーブ(カラオケで言う、「エコー」よりずっと上質な残響音)をつけて再生できるので、質感が ぐっとプロっぽい演奏になります。
今回演奏した譜面は「トライトーン」というアカペラソンググループが出版している5声のアカペラソングの譜面です。 パート譜が無いので5声のスコアを読みながらなので、少し面倒ですが、練習しながら録音しています。

またこのR−8のすごいところは、パンチイン、パンチアウトができる事です。
パンチイン、パンチアウトとは、間違ったところだけを録音しなおす便利な機能です。
3分ほどの曲とはいえ吹いている中で1箇所や2箇所は間違えてしまうものですが、パンチイン、パンチアウトを使うと、直したい前後をヘッドホンで聴きながら合わせて演奏しておくと その間違ったところだけを録り直しができるので、完成度を高く、効率良く録音作業が出来ます。
また、スコアのように次々とページをめくる必要がある場合にも、ページの最後まで吹いて止め、続きはパンチインで繋げていけば絵巻物のような長い譜面を吹く必要もありません。

こんな風にして楽しむファゴットアンサンブルは時間を忘れて、おやつも忘れて、ご飯も忘れて、お風呂も忘れて 没頭してしまいかねません。仕上がった演奏を誰かに聴いてもらうのもまた楽しいでしょう。
ファゴットのこんな楽しみ方をあなたも実践してみませんか?
販売は次のところで安く売っているので、参考にして下さい。
サウンドハウス

shop infoサイト運営者情報

アミューズ・クインテット

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸4-270-B-903
代表・井上俊次