本文へスキップ

アミューズ・クインテットは木管五重奏によるプロフェッショナル集団です。

  1. トップページ
  2. ギャラリー
  3. 山口県和気町アミューズ・クインテット公演

アミューズ・クインテットin和木町・その1Waki

2015年6月21日に山口県和木町にある和木町文化会館で開催された「三井住友海上文化財団派遣コンサート」 アミューズ・クインテット設楽町公演の模様をフォトアルバムにしましたのでお楽しみください。

今回はクリニックがあるので比較的朝早い便で岩国錦帯橋空港へ飛行機で飛びました。


梅雨の合間のとても良い天気でしたが6月という事で紫外線がとても強く、紫外線アレルギーの フルート若松さんは日傘が手放せません。


空港を出てまず最初に向かったのが…なぜか遊園地。和木町直営の「蜂ヶ峰総合公園」です。ここは市民にとって憩いの場となっている 町に欠かせない公園です。明日の公演のスピーチのネタに是非使いたいという事で三井さんにお願いし連れて行ってもらいました。


この公園の一番のイベントは255mの長さを誇るスーパーロングローラー滑り台です。この取っ手のついた特殊な板をお尻の下に敷いて滑るんです。


滑り台を乗るにはまず54mの高さのスタート地点へこのリフトで登ります。3人ともワクワクドキドキ中。

さらに階段を登って滑り台の入り口へ行きます。


オーボエの杉原さんがまず疾走。まだこの時点では傾斜はそれほどでもありません。


だんだんスピードも出て、カーブや勾配の変化も出てきて結構な迫力です。


フルート若松さんが日傘をさして滑る、その後を井上が撮影しながら追跡します。


遊園地といえば観覧車。高台にある観覧車からの眺めは最高でした。


そしてもう一つの定番、ミニSL列車。


ハッキリ言って「ビジネス」を忘れています。


蜂ヶ峰総合公園を堪能したらお昼ご飯。炎天下でのアトラクションは結構体力を使いました。


そしてようやく今日初めてのビジネスはホールの向かい側にある中学校でのクリニックです。


今日のクリニックはオーボエ、ファゴットがないのが残念です。


若松さんのフルートレッスンの様子。一人ひとり丁寧に教えないと気が済まないという若松さんのレッスンです。


尾上君の明るく楽しいレッスン。


ホルンの松坂君はおしゃべりも好きですが、実際に吹いて体で体感してもらう事も重要視しています。


今回の演奏会場はこの和木町文化会館です。クリニックを終えて一旦ホールへ戻りリハーサルです。


明日の公演に備えて各所の確認リハーサルです。


リハーサルで一汗かいたら、和木町のスタッフの方々がお勧めの食事スポットへ車で40分の移動。 そして到着したのが、この「山賊」という村です。

1年中お祭りか縁日のようなこの場所では、まさにお祭り気分の盛り上がり。


江戸時代をイメージしたような建物は天然木を使用した迫力の内装で圧倒されます。


そこで名物の山賊照り焼きチキン。これはこの地方でも有名らしく…


何とあの大会社カルビーがこの味のポテトチップスを発売しているくらいなんです。


かぶりつくホルンの松坂君


名物はまだあります。巨大おにぎり。一眼レフカメラと大きさを比較してみるとその巨大さが分かります。


ファゴット井上ももちろんかぶりつきました。この晩、皆は山賊に追われながら照り焼きチキンを食べた夢を見たようです。


shop info店舗情報

アミューズ・クインテット

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸4-270-B-903
代表・井上俊次