本文へスキップ

アミューズ・クインテットは木管五重奏によるプロフェッショナル集団です。

  1. トップページ
  2. ギャラリー
  3. アミューズ・クインテット朝倉公演1

アミューズ・クインテット朝倉公演(1ページ)Asakura Ctiy Concert

2013年9月22日に福岡県朝倉市で三井住友海上文化財団派遣によるアミューズ・クインテットのコンサート が開催されました。その道中を写真で紹介して行きます。


今回の旅をサポートして下さったのは文化財団の次長・室谷徳雄さんと、コンサートコーディネーターの 井上理那さんのお二人です。
柔和なお二人がクインテットのメンバーをいつも優しくサポートしてくれました。


出発前の羽田空港にメンバーが集まってきました。クラリネットの大浦さんとホルンの阿部麿君。 阿部麿君はいつもおしゃれでスタイリッシュ。このシャツはフランスの生地を使ったオーダーシャツだそうです。 良く見ると生地の青い線の中に音符が隠れているんです。


いつも明るい笑顔の大浦さん。今日も多くの中高生達がクリニックでの大浦さんの指導を待っています。 「頑張らなくちゃ!」と笑顔の大浦さんです。


これからこの飛行機で福岡空港へ飛び立ちます。


無事に到着した福岡空港では現地朝倉市の教育委員会の方々がロケバスのようなワゴン車で迎えてくれました。
大きな荷物と楽器のアミューズ・クインテットメンバーを乗せて一路朝倉市へ。
朝倉市は元甘木市と朝倉町が合併して できた町です。車で1時間ほどの移動となります。


車中で日傘をさすおしゃれな阿部麿君。最近は日傘男子も増えているそうだけど車中でさすとはさすが!時代の先取り男。


飛行機が30分ほど遅れて福岡空港へ到着したので、昼食時間が削られてしまいました。 今日のお昼は九州では有名な「ウエスト」でうどんです。
余談ですが九州の人達はこの「ウエスト」を全国チェーン店だと思っているそうです。


どちらもごぼう天ぷらとお揚げうどんですが、左はお揚げの「カット」右は「1枚」。 長崎出身の若松さんは1枚を「通」らしく頂いていました。 東北出身の初心者井上は「カット」を頂きました。さすが有名店だけあって美味しい!


和みのひと時の昼食ですが、今日は時間が迫っているので、ちょっと慌しい。
でも何とかクリニックには間に合いそうです。


到着したらすぐにクリニックの開始です。フルートは中高生18人の受講だったため、
明日本番を行う中ホールのステージでクリニックをする事になりました。


若松さんの指導は一人ひとりに丁寧な指導を行うスタイルで、それぞれのポイントを指摘していきます。


クラリネットの受講生は26人と大人数。でも佼成ウインドオーケストラでクリニック経験の多い大浦さんは 慣れたものです。


大人数でも受講生一人ひとりの状態に目を配りながら親身になって指導していきます。緊張気味の受講生も 大浦さんの笑顔でだんだん緊張が解けて行きました。



ホルンの受講生も16人と大人数。阿部君のさわやかな笑顔に女子生徒は逆に緊張気味?

プロの音を間近に聴く事が何より具体的なメッセージと、実演を交えての指導です。


ファゴットのクリニックを受講してくれたのは、何とファゴット1名、オーボエ1名のこのお二人だけでした。
朝倉高校のお二人はとても熱心にレッスンを受けてくれました。


shop info店舗情報

アミューズ・クインテット

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸4-270-B-903
代表・井上俊次