本文へスキップ

アミューズ・クインテットは木管五重奏によるプロフェッショナル集団です。

初めての木管五重奏の実践

いよいよ木管五重奏をスタートする運びとなった幸運な方々へ、よりスムーズに練習や発表へつなげていくためのノウハウをご紹介致します。

木管五重奏の最終発表の場を設定する事が、スタート前に決めておく事でしょう。ゴールがあるからスタートが切れるのですよね。
では、ゴールにはどんなものがあるでしょうか?
コンサートを開催する
演奏を録画してYouTubeに投稿する
SNSを通じて知り合いに発表する
部活やサークル内の場で発表する
アンサンブルコンテストを受ける
オーディションを受ける
などがあると思います。

その中でもお勧めしたいのはSNSやYouTubeへの録画の投稿です。
録音、録画の場合には失敗が許される事と、何度でもトライできるので、挫折感がありません。楽しい室内楽という 印象を残した形でゴールへたどり着けるるし、みんなハッピーになれるので「楽しみ満喫タイプ」の方にはお勧めします。

一方でコンクールやオーディションを受けるのを目標に設定する事も大きなモチベーションにつながります。
ただし、コンクールやオーディションには「予選落ち」などの精神的ショックも伴いますが、超えるべきハードルがハッキリしている分だけ目標の存在が大きくなり、頑張りにも勢いがつきます。
ストイックにアンサンブルを極めたいと思う「真面目タイプ」の方には、コンクールを目指すのも一つの方法です。

いずれにしても目標を定めて、そこへ向けてどんな風に演奏を作り上げていくのかをより具体的に考えていくと もっと楽しくなります。

目標が決まったら、そこへ向けてどういう風に進めていくかを考えていいきましょう。
具体的に言うと、自分たちのレベルが今どのくらいなのかを知る必要がありますね。

次のステップ

次のステップは経験の有る無しで内容が変わってくるので、
@楽器そのものが初心者の場合
A楽器はある程度慣れてきて、吹きながら人の音を聞くことができる場合
B楽器経験は十分だけれど、アンサンブル経験が無い場合
に分けてご説明していきたいと思います。

@楽器演奏そのものが初心者の場合
まだそれぞれが楽器を演奏する事に必死の場合には、まず縦のラインを合わせる事を第一目標にすると良いでしょう。
選曲もあまり凝ったものを選ばずに、古典のものを中心にテンポが一定に進む曲を選ぶ方がアンサンブルはどうやってあわせて行くのかを体験で理解しやすくなります。
初心者の場合、各個人のピッチのずれが大きい場合があります。音がどうしても合わない場合には、たいていの場合、楽器のセッティングに問題がある場合が多いですので、もう一度各自が楽器のピッチのセッティングを見直しましょう。

A楽器はある程度慣れてきて、吹きながら人の音を聞くことができる場合
木管五重奏を始めるのにちょうど良いタイミングかもしれません。
最初はクラシカルな曲よりも、ディズニーやジブリの ようなポピュラーな曲の編曲譜をやってみると、アンサンブルのコツがつかめるようになると思います。
シンプルなリズムやテンポ変化の少ない曲を演奏しながら、
誰が今メロディーを吹いているのか(自分はメロディーか伴奏か)
自分の音量バランスは大丈夫か
の二つを意識しながら演奏するだけでアンサンブルのサウンドがグッと変化してきます。
まずは、それを常に考えながら自分の演奏をするという事に慣れることが一番大切です。その感覚が アンサンブルに一番重要な能力なんです。

B楽器経験は十分だけれど、アンサンブル経験が無い場合
技術力と余裕はあると思いますので、ある程度高度な曲目に挑戦できると思います。
普段オ−ケストラや吹奏楽に所属しているなら普段から他のパートの音を聴くことにも慣れていると思いますので、 問題なく室内楽も楽しめると思います。
ただ人によっては普段マイペースで演奏してしまうので、 室内楽でアンサンブル能力を高めたいと思っている方もいらっしゃると思います。 そういう方には木管五重奏を通して相手の音を聴くことに慣れていってください。
。慣れるまでは、上記のAと同じ事を意識しましょう。
誰が今メロディーを吹いているのか
自分の音量バランスは大丈夫か
それが出来るようになってきたら、
テンポの変化を誰がリードして行くのか
メロディーのフレーズはどのように作っていくのか
を意識できるようになると、より高度なアンサンブルへ移行していけるでしょう。

楽器の演奏は、それだけで頭がいっぱいになってしまう程に大変な作業です。それに加えて相手の演奏や全体像を意識 していく事は、とても大変な作業です。頭も感覚もフル稼働になると思いますが、それこそが楽器の演奏技術 そのものを飛躍的に向上させる原動力になります。
是非皆さんもアンサンブルを通じて、楽しさとスキルアップを実感してみてください。

アミューズ・クインテットのホームページでは、木管五重奏のノウハウなどの情報を随時更新して行きたいと思います。
次回はハイレベルアンサンブルについてのノウハウをお伝えしたいと思います。お楽しみに!

shop info店舗情報

アミューズ・クインテット

代表・井上俊次